野球大好きの息子と野球未経験の父の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学校部活動の野球 その2

<<   作成日時 : 2011/07/03 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

Yujiが、昨日、練習試合があると言っていたのですが、三年生最後の大会も近いので、1年には出番が無いだろうと応援に行きませんでした。

帰ってきたYujiに聞くと、1年生は誰も出なかったそうです。

やっぱりね。って言うかそれ以前に、Mn君がバットボーイやっていて、ネクストバッターボックスで素振りした次打者にバットで顔を殴られたそうです。

野球を教えられないなら、せめてルールやマナーぐらい教えて欲しいです。


学童野球は、クラブチームの野球。一方、中学部活動は、中学校の教育の一環としての野球。

学童野球の監督は、たとえ6年生でも、下手な子は試合に使いませんでしたし、4年生でも巧い子は使います。

ある意味、一般社会と同じです。競争で勝たなければ、試合に出られない実力主義。

学童野球を経験せずに中学野球から入ると、巧い下手に関係なく平等に試合に出られるものと思うのでしょうね。

なんたって、学校ですから。


中学野球の監督は大変だと思います。野球は勝敗のあるスポーツですから、勝ってなんぼ。

でも、中学校では平等が勝敗に優先します。


Yujiの学童野球チームは、監督が替わって選手が競争するようになって強くなりました。中学で同じことをやったら校長に注意されるんでしょうか。


中学では、教えるときも気を使うんでしょうね。一部の子だけ教えると、不公平。

しかし、Yujiは小学校のとき、例えば素振りだけでも毎日50回以上、トスバッティングを100回以上。年間5万回以上バットを振ってきました。

そこに、追いつこうと毎日素振りをするでもない未経験の子と、毎日の地味な練習が重要だと分かっている学童野球出身の子が一緒にいて、同じように指導できる訳がありません。

結局、おかしな投げ方、おかしなスイングも直さずにそのままです。

練習を見に行くと、上級生でも小学校で野球をやっていたいなかったか、投げ方を見れば直ぐ分かります。

正直、下手と言うより、危ないです。あのまま、力任せに投げたら怪我をするんじゃないかと思います。


昨年、5年生の入部希望の子がいて、監督が試合には出られないと断ったのですが、上の中学生のお兄ちゃんが中学から野球を始めて肘を怪我したので、試合に出られなくても良いから入れてくれって、お母さんが言って入部した子がいました。

そのときは、そんなことあるのかなっと思っていましたが、まさにその通り。

このブログを読んでいる5年生、いや6年生の親御さんがいたら、今からでも遅くないです、野球は小学校から始めましょう。

最初に覚えた癖は、なかなか直りません。最初が肝心、でも、中学校では教えてくれない。ベー間の27メートルって意外と遠いんです。未経験の中学生では全力で投げないと届きません。結局、届かせるために変な投げ方になっちゃうんですね。

未経験者は、別メニューで基礎からやったほうがいいと思います。

急がば回れです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 ご無沙汰しております。
 息子さん中学生になられたのですね。これからどう野球を続けるか、ウチも同じように悩みましたね。結局は二人の息子はともに中学の部活軟式を選び、そこから高校野球へ進みました。

 中学校の部活も勝つために試合をし、そのために練習をしていました。けれど、必ずしも試合に勝つためのベストなやり方はできませんし、理想的な野球環境を得るのは不可能で。
 野球未経験さんが部活の野球にご不満を感じるのはもっともでしょうね。

 ただ、どんなチームに所属しようと大なり小なり同じような問題とは直面すると思います。私の場合では、あっちのチームのほうが良かったかもと悩むより、今いるチームを理想のチームに近づける努力を子どもたちや顧問(学校)、保護者と一緒になってすることは決して無駄にはなりませんでした。
 中学校の部活野球を7年間経験してみてそう思います。
少年野球OB
2011/09/25 03:05
少年野球OBさん、コメントありがとうございます。
私が、シニアに行けばよかったなって、言っちゃうとYujiもやる気を無くすでしょうから、今の現状で頑張るよう言っています。
ただ、反抗期なんでなかなか言うことを聞きませんが。
学童野球チームの前監督の息子さんが中学野球に進んだとき、学童野球出身の子の親たちが、手伝うと申し出たのですが、校長に拒否されたそうです。理由はいろいろあると思うのですが、校長が自ら外部指導者を探してきて、それが今の監督になっているそうです。やはり、一部の親の意見だけを聞くわけには行かないのでしょう。
練習試合に見に行っても、相手方の父母はいても、こちらの父母は見に来ません。あきらめている感じです。見ていてつまらないですから。
Yujiには、周りのレベルに流されないでやるべきことをちゃんとやるようこれからも見守っていくつもりです。高校に行ってから後悔しないように。
少年野球OBさんの息子さんは、いかがでしたか?
野球未経験
2011/09/25 12:30
始めまして色々検索してこのブログを読ませていただくことになりました。確かにいきなし中学から野球やるのもどうかと私も思います。というよりも中学の野球部の監督は学校の教員で場合によっては野球経験ない人が担当することもあります。私もかつて野球やってました県内でも有名なとこにいたのでうまい奴は使われて逆に私はやめるまでずっとベンチでしたしかし、ベンチだからサボればとかは思いませんでした。チャンスは来るとか信じて土日の辛い練習とかは堪えてましたそのおかげか自分には左投手の甘く入ったストレートとかを逆らうことなく打てるようになり、監督は試合で使ってくれると信じていましたしかし監督はその試合に自分を出すのを忘れたのです。つまりチャンスとかはなんかしらであります。かといって変な癖をつけるのはどうかと思います。肘や肩への負担もかなりかかります僕も野球やらなくなってから投げれなくなっていましたかつてはライトからサードまで投げれたのにとかの後悔もあります。今僕はそんな間違えてる指導をしている指導者がいるのがとても困ってたりします。小学生で基礎を作り中学でさらに力つけた奴が高校で野球やり甲子園に出れたりするとおもってたりします私のかつてのチームメイトがそうやったし先輩なんかは和歌山の強豪でしかも今はプロで一戦を張ってる投手と同期です。もちろん先輩は甲子園では投げれなく、国体で投げてましたよ。かりに中学から野球始め高校行って野球やってもうまくいかないと思います。だってその時の悪い癖とかのままやからです。地元に学童チームがないから中学からて言う人いますが僕はそんなのただ甘えてるだけそれなら中学から野球やるなら硬式行った方が得策です。これは高校にはいると硬式になるそれなら元から硬式になれてたりする方がとくだからです
サムライ
2014/05/02 14:14
初めまして、タイガースファンの親子です
私の息子も今年から中1です

現在8月までは、関西リトルリーグ所属です
学校では野球部ではなく、陸上部に入りました
いまさら中学の軟式野球は、できないと本人の
意見でした。

9月からシニアに行くかボーイズに行くか
悩んでいます。

自宅での、置きティは土日と雨以外200〜300球は打ちますしそれ以外の素振りも300回以上やります、木製(合竹)バットでやらせてます
土日もリトルで振りますから
年間で計算すると25万回は振ってます

おっしゃる通り、中学から始めた子とは
レベルが違いすぎます

ただ高校から始めてプロになる子もいますし
小学生から始めてもプロにはなれない子もいます

一概に早くからやれば良いとは言えませんが
硬球なれる安全性は確かに有利です

いろんな考え方や意見があると思いますが
ひとつ言えるのは経済面も含めて
子供がどのレベルまで行けば
子供も親も納得できるかだと思います

後々親子とも後悔しない方法が
すぐわかれば簡単なんですけどね。
風船の虎
2014/05/23 18:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
blog内検索 by Google


中学校部活動の野球 その2 野球大好きの息子と野球未経験の父の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる