野球大好きの息子と野球未経験の父の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS 正捕手登場

<<   作成日時 : 2012/11/21 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

少年野球の時、ライバルBチームの正捕手をやっていた1年下のKi君が、シニアをやめて中学野球に入ってきました。

Yujiが6年生の時、Ki君は5年生ですが体も大きくYujiと同じ6年生だと思っていました。キャッチングもうまく、打撃は、市内でいつも優勝に絡むBチームの中でも光っていました。

そのKi君が入ってきたのです。

10日に練習試合があったのですが、いきなりA戦の4番キャッチャー。

それまで正捕手をやっていたSk君がピッチャーやったんですが、5回までまでノーヒットノーラン。

キャッチャーが変わると、ピッチャーも変わるもんなんですね。

これで、ピッチャーが二枚になりました。

エースのKd君が投げる時は、Sk君はどこを守るんでしょうか。

これで、また、Yujiの出番がなくなりそうです。


その日は、2試合やったんですが、Yujiは、B戦の8番サード。

A戦とメンバーは全員入れ替えての8番ですから、打撃は全く期待されていませんね。

どーする、Yuji。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どこでも一緒ですね♪
子供の一生懸命にお付き合いされている!

私は甲子園を経験して大学野球までの野球経験者です。息子は、ショートで3番でした。
今春に中学生になります。
努力しないで打ったヒットはまぐれ、努力の裏付けがないのは、親もチームメイトも感動しないと言っています。
特に熱心な指導者がいるわけでもありません。練習も普通?です。
4年生入団当時は、一番下手でした。5年生の夏まで試合にも出られず、バットボーイ。
新人戦の前哨戦の練習試合に初めて代打で出場して、初アーチ。出来すぎのスタートでしたが、1年半で振ったスイングは30万回以上です。バッティンググローブは、11セット潰しました。
必ずやった分は、成果として出ます。
プラスチックバットのように金属バットが感じられ、1メートル先にキャッチャーがいるように感じられるまでやれば、フォームなんて二の次です(^^)v

好きならば、楽しく長い時間続けられるというのが持論です。苦しいならば、好きではない。ただそれだけだと思います。
息子さんが野球を好きであって欲しいと思います。
負けるな♪
通りすがり
2013/03/05 14:37
通りすがりさん、感動的なコメントありがとうございます。
1年半で30万回。毎日500回以上ですね。30分以上かかるかな。ちょっと信じられないです。
でも、そこまでやらないとプラスティックバットにはならないですね。
Yujiも振った方だと思いますが、多くて200回ですね。
最近は、ちょっと振っただけで、皮がむけたと言っています。打てなくて当たり前か。
中学になると、親の言うことを聞かなくなるので、しばらく放っておいたら、レギュラー当落線上まで落ちてきました。
最近やっとヤバイと気が付いたのか、素振りも再開したようですが、手遅れちゃうか?
野球未経験
2013/03/08 00:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
blog内検索 by Google


正捕手登場 野球大好きの息子と野球未経験の父の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる