野球大好きの息子と野球未経験の父の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS カウンターバランス

<<   作成日時 : 2014/07/08 15:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

バットの重さは、高野連のルールで決まっているので、金属バットの場合900g以上しかありません。そこで、少しでも振りやすいように、カウンターバランスのバットを探しました。

買ったのはZETT LIGHT BRUIISER BAT1713 83cm ブラック
画像

カウンターバランスのバットの種類は少なく、LIGHT BRUIISER 以外には、MIZUNOのVKONG-02CとZETTのZKEENぐらいしか見当たりませんでした。

近くのスポーツ店には置いていないので、ネットで買うしかないので振り比べることもできず、結局グリップの形でストレートで一般的なLIGHTBRUISERにしました。ZKEENはいわゆるタイ・ガッブ型で、握りにくいとか言うものですから。

使ってみた感想は、Yuji曰く、めちゃくちゃ軽いそうです。

バッセンで使ってみたようですが、当てただけでボールがよく飛ぶそうです。900gもあれば、ボールに押し負けないですから、飛ぶんでしょうね。

あとは、実戦で使ってみるしかないですが、1年生なので夏の大会が終わるまでは試合に出られる機会も少なく、当分お預けです。

【追記】SSKに無いのはおかしいと思って調べたところ、SSKではカウンターバランスをオールラウンドバランスと言っているようです。http://www.ssk-baseball.com/?p=11546

でも、種類は少なくグリップがストレートのスカイビート31WFーLとタイ・カッブ型のスーパーニューコンドルTLLの2種類だけです。

スカイビートは、先端をやや絞り込んでいるので、振り抜きはいいかも。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
高校生位になると、筋力差が激しいので、腕立て・腹筋・背筋・スクワットの4本セットをかなりしないとバットのヘッドスピードは上がりません。腕立て伏せは、一日100回(1年)、200回(2年)、300回(3年)はできないと私立のエースに力のあるストレートを打ち返す事は難しいです。中学と高校での違いが大きいのは腕力でしょう。素振りと並行して腕立て伏せを我慢強く続けて下さい。
3*
2014/07/22 17:53
3*さんコメントありがとうございます。
筋力差は痛感しています。ステロイドでも注射して筋肉を付けさせたいくらいです。
地道にやるしかないんでしょうね。
野球未経験
2014/07/26 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
blog内検索 by Google


カウンターバランス 野球大好きの息子と野球未経験の父の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる