バッティングの科学



画像


著者の実験ではないそうですが、シャッター付きのメガネを使って、打者はどこまでボールを見ているかの実験したところ、投手のリリース後約3分の1見ていれば残り3分の2は目隠しをしても打てるそうです。

つまり、最初の3分の1でボールの球筋を予測していることになります。

ま、この辺でボールかストライク、ストレートか変化球かが見極められなければ、振り遅れますよね。

ボールをよく見ろっていうのは、間違いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック