テーマ:守る

外野転向

監督が、来年のポジションを試し始め、G君にキャッチャーをやらせ始めました。ジュニアでキャッチャーをやっているので、慣れてはいますがYujiと競争させる気なのかもしれません。 最近、Yujiが伸び悩んでいて、本人は誰にもキャッチャーのポジションを脅かされていないので、向上心がなくなったと言ったほうが良いかもしれませんが。 なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊撃手論

遊撃手論 出版:PHP研究所 発売:2009/6/18 なかなか凄い本です。 図は一つも出てきませんが、ショート(内野手)をやりたいと思っている人には一読をお薦めします。 ショートをやるのに必要な考え方、哲学みたいなものを感じます。 久慈照嘉、井端弘和、宮本慎也などを取材し、中日、ヤクルトなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内野への拘り

Yujiがキャッチャーをやり始めたのは、3年生の後半からだったと思います。ジュニアの監督をやっているOコーチが、ジュニアのキャッチャーを育てる必要から、Yujiにキャッチャーをやらせ始めました。 当時は、部員も少なく消去法でYujiになってしまった感じでした。 Yujiにキャッチャーができるとは思わなかったのですが、何か手伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投球練習 次の段階

31日の試合後、Bチームとの合同練習になりました。内野には、6年生と5年からはN君とYujiが参加。Bチームの内野練習について行けるのは、この二人だけと監督が考えたのでしょうか。 Yujiは、大人の中に子供が紛れ込んでいる感じでした・・・・Bチームの子はみんな大きいんですよ。 Yujiは、強烈なノックに追いつけず、何度も後ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりキャッチャー?

昨日の練習試合のレギュラー戦、Yujiは7番キャッチャーで先発。久し振りのキャッチャーです。サードはN君。これがずばり的中。守備が安定し、また勝ってしまいました。このプレーを一昨日やれよ! 昨日はサードに5回ほど打球が行き、サードの見せ場になりました。Yujiが守っていたらどうなったんでしょうね。 キャッチャーとしては、後逸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送別会

チームの元コーチで地元野球協会の審判部にも所属していたMkさんが、転勤で京都に行くことになりました。いつもの第1土曜のコーチ会議は、その送別会になりました。 Yujiが入部した年のコーチの一人で、はっきり言って野球は上手くはありませんでしたが、子供の心を掴むのが巧いコーチでした。 試合中に監督とは逆の指示を出したり、前監督も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外野

土曜日は、チーム練習のみ。レギュラーとジュニアに分かれて練習をしました。Yujiはピッチャーのフィールディングやサードの守備練習をやっていましたが、途中レフトに1回だけ入りました。ボールも1回しか来なかったのですが、ライナー性のノックを顔の前でしっかり捕るとホームへ矢のような返球。 ライバルチームのコーチに肩がいいって褒められたっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新グローブ

以前使っていたグローブが壊れたので、新しいのを買うことにしました。しかし、春はグローブが一番売れるシーズンだったんですね。気が付いたらYujiが欲しいといっていたミズノのヴィクトリーステージ荒木モデルのナチュラル色は、売れ切れていました。 都内をはじめ神田のエスポートミズノって言うミズノ専門店も見たんですが在庫は有りませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供に分かりやすく

昨日の練習に元監督のYMさんが来ました。一昨日の試合も見ていて、お子さん頑張っていますね。守備がなかなかいい、特に球際が強いですね。と褒められました。 朝練でショートバウンドを捕る練習を集中してやったのがよかったと思うのですが、実はこのアイデア、YMさんに教わったことだったんです。 一見ショートバウンドは捕るのが難しそうなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守備

19日は、地区秋季大会の第4戦。ライバルBチーム戦です。先発は6年生軟投派のM君。緩急をうまく使って投げていました。 力のないM君、私がM君でも同じような投球をしたと思います。元々遅い球を更に遅く投げて、山なりの球を高めにストライク。その後、速い(普通のエースなら遅い球)球を高めに投げます。バッターは、超遅い球の後なので速く見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連携壁当て

今朝は、小降りの雨でした。投球練習とティーバッティングは、木の陰で多少の雨なら防いでくれます。投球練習だけで済まそうかと思ったら、Yujiが壁当てやろうよと言うので、小雨の中壁当てをやりました^^ 公園にトイレがあって、いつもこの壁を使います。ただ、いつものようにやってもつまらないので、今日は、内野練習を意識してやりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピッチャーのフィールディング

3連休は、野球漬けでした。14日は、練習試合があったのですが、私は珍しく仕事があったので、お母さんが応援に行きました。結果は、8対1で負けたそうです。エースのK君の流行り目が重症で、まだ家を出られないのが、心配です。 13日と15日は、隣市のチームと合同練習になりました。そのチームは40年ぐらい前にできた団地内のチームで、子供が極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全部のポジション

15日は、合同練習のはずでしたが、急遽練習試合になりました。試合形式の練習という感じで、スコアブックも付けていませんでしたが。 Yujiは最初サード、次にセカンド、最後はキャッチャーをやりました。打つ方は、久しぶりにクリーンな2塁打を打ちました。って言うかエラーっぽくないダブルは初めてかな? 相手のピッチャーは小さいのに完全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジリティディスク

会社から帰ってきた私が、「放課後自主練習に行ったか。」と、Yujiに聞くと、「サードの練習をやったよ。」と嬉しそうに話してくれました。どうやらセカンドよりサードがかっこよいと思っているようです。 投球練習の効果か、以前より送球を低く投げられるようになったと自慢していました。 今はN君がサードですが、来年は正捕手の一番候補なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トッププロに学ぶ野球上達テクニック

Yujiがセカンドに入るようになったので、守備のイメージを付けるために連続写真の多い本を探していて見つけた古本です。 プロやメジャーリーガーがどんな姿勢でボールを捕っているか、基本に忠実な写真が多く、Yujiに基本の大切さを教えるには良いかと思いました。 巻末に立花龍司のトレーニングも付いています。 なかなか良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軸足の向きと悪送球

今日は、夏季大会予選最後の3試合の予定でしたが、弱い雨で昼過ぎまで自宅待機の挙句、結局中止になりました。野球ってあっさり雨で中止になりますね。サッカーとかは、弱い雨なら実施しますけどね。ま、怪我されても困るので、親としては助かりますが。 まったく体を動かさないのも良くないし、試合の途中で雨の場合は強行する場合もあるので、弱い雨でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レガース

レガース、結局買うことにしました。ところで、レガースってLeg Guardsから来ている和製英語なんですね。シューズと同じ類だから複数形でレガーズが正しいのではないかと思っていましたが、そもそもレガースという言葉が英語に無かったのにはびっくり。 SSKのL1600は伸長135㎝までなので、直ぐ使えなくなりそうなのと、留め具がフック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真正面の捕り方 その2

早速、真正面のボールの撮り方を監督に聞きました。流石ですね。真正面が捕りづらいのはしょうがない。だからといって横にずれたら上(中学、高校)に行って通用しなくなる。ミスしてもいいから真正面で捕るよう指導したほうが良いとのことでした。大人が心配するより子供はすぐ慣れると言うことでしょうか。凄く安心しました。勝つための小技を教えるより、基本を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真正面のボールのグラブの出し方

Yujiとキャッチボールをしていると、Yujiがボールを弾くことがあります。しかも、なんでもない真正面で頭の上くらいのボールです。恐らグラブを出すのが早すぎて、ボールをグラブで遮ってしまうのではないかと思っています。正面の顔に向かってくるボールは意外に捕り難いのは私も感じます。どうやって指導したらよいのか・・・・ 怖がるな。ぎりぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人戦に向けて

いよいよ2月10日から地区の新人戦が始まります。27日はシーズン明けに備えて審判講習会が行われました。地区の児童たちは、練習台で守備やランナーをやりました。 普段審判の動きなどあまり見てませんでしたので、審判のフォーメーションの難しさに驚きました。4人いても審判は掛け持ちするんですね。3人制なんて想像もできません^^ コール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

準備運動

Yujiのチームでは、準備運動に蟹歩き(?)をやっています。ゴロを捕球する体勢と言うか、相撲の四股を踏んだような感じで腕を前に足を出し、そのまま横や前に進みます。 私もやってみましたが非常にきついです。できている子もK君とN君ぐらい。コーチのAさんが取り入れたようです。守備で姿勢を低くするための練習というのですが、どの練習本を見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャッチャーミット

Yujiにキャッチャーの期待が掛かっているとなると、父親としても何とか手伝いたいものである。と言うか、親が手伝わずにキャッチャーを育てられるのだろうか。 そもそも、野球の練習は待っている時間が長い。ノックを1時間やったとしても、5人でまわしていたとすると、一人の時間は10分程度である。Yujiのチームは、部員の割りにコーチやお手伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャッチャー

8月ごろだったろうか、監督、コーチに手伝いをしているお父さん達で飲み会をやることになり、私も参加しました。 ジュニアチームの監督のOさんが、Yujiにキャッチャーをやらせないか、と言うのです。キャッチャーを育てるには2年掛かる。今から始めないと2年後5年生以下の大会でキャッチャーがいなくなる。 2、3年生は5人、この中からだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴロの捕球その2

フライは、落下点にさえ入れれば、練習次第で誰でも捕れるようになります。フライにはそれほど種類がないからです。 しかし、ゴロには同じゴロはありません。毎回ボールの回転、角度、スピード、グランドの状態などが違いますから、柔軟に対応する力が必要です。 そこで、よく言われるのが「ボールをよく見ろ」です。どうも私にはこれが疑問です。よく見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴロの捕球

練習のコーチにYamaさんが久しぶりに来ました。 前の監督で、子供にわかりやすく教えてくれるコーチです。 ゴロの捕り方を教えてくれていました。まず6年生を立たせ、ショートバウンドを捕らせます。次に一歩下がらせて、ライジングを捕らせます。6年生でも捕りづらそう。もう一歩下がる。バウンドの頂点で捕る。更に下がらせ、落ちてくるボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more